宮城のニュース

ギンザケふっくら輝く 宮城・女川魚市場に初水揚げ

今季初めて水揚げされたギンザケ=23日午前5時15分ごろ

 宮城県女川町の女川魚市場で23日、今季初めてギンザケが水揚げされ、昨年より約1週間遅く市場に活気が満ちた。午前5時ごろから同町出島で養殖されたギンザケ計約4.7トンが水揚げされ、選別機でサイズ別に振り分けられた。
 価格は1キロ当たり1070〜1100円。同市場の加藤実社長は「安定した価格。魚の質も素晴らしい。ギンザケで弾みをつけて秋のサンマを迎えることができたらいい」と期待する。
 昨年の同市場の取扱量は約5400トン。今年は稚魚のへい死の影響などを考慮し4700トン程度を見込む。水揚げは7月に最盛期を迎える。
 石巻市の石巻魚市場では12日に初入荷があった。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月24日日曜日


先頭に戻る