岩手のニュース

<リアス線開業>「鉄路がつながり新たなドラマ生まれる」 のんさんも祝福、宮古で記念式典

リアス線開業を祝って合唱曲を披露する宮古市民

 三陸鉄道リアス線の開業記念式典が23日、宮古市の中心市街地拠点施設「イーストピアみやこ」であった。関係者140人が出席。市民による合唱の披露などで新たな鉄路の門出を祝った。
 東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげ、三鉄の中村一郎社長が「人と人、地域と地域をつなぐ鉄道となるよう『じょっぱれ、けっぱれ、くじけるな』の言葉を胸に進んでいきたい」と力強く開業を宣言した。
 三鉄が舞台のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインを演じた女優のんさんも登壇。「鉄道が一本につながったことで地域に新しいドラマが生まれる」と期待を込めてお祝いの言葉を贈った。
 岩手県の達増拓也知事は「三鉄に乗ることで復興する沿岸の姿を全国、海外の人に見てもらいたい」とあいさつ。JR東日本の深沢祐二社長は「無事に受け渡すことができて感慨無量。地元の魅力をPRするなど引き続き支援したい」と述べた。


2019年03月24日日曜日


先頭に戻る