岩手のニュース

<リアス線開業>地域の足、三鉄と守る タクシー会社3代目「笑顔でお客さんを出迎えたい」

再建された陸中山田駅でリアス線の車両を迎える山崎さん

 ホームに列車が滑り込む。降り立った乗客は改札口を抜けて駅舎の外へ。待ち構えていたタクシーが出迎える。「ご乗車、ありがとうございます」
 岩手県山田町で創業から70年以上を数える「山崎タクシー」の3代目社長、山崎淳一さん(53)もまた、23日の第三セクター三陸鉄道のリアス線開業に特別な思いを寄せる一人だ。

<一瞬の出来事>
 東日本大震災の津波と火災で、自宅兼事務所は1階の車庫を残すだけの無残な姿をさらした。母良子さん=当時(75)=も犠牲になった。
 「病気なら最期までの段階がある。でも、津波は一瞬の出来事だ」。失ったものが大きすぎて業務再開を考える余裕はなかった。
 ところが三鉄北リアス線は、被災からわずか5日で一部区間の運転を再開したという。常連客は「タクシーは動かないの?」と尋ねてくる。われに返った。
 「創業者の祖父が出征中は、祖母がタクシーのハンドルを握って会社を守った。両親も地域の足を守り抜こうと必死で働いた。自分の代でやめるわけにはいかない」

<笑顔で出迎え>
 バラックのような車庫の壁面に、赤い塗料で「山崎タクシー」と大きく書いて自分を奮い立たせた。社員7人と被害を免れたタクシー5台。まだ焦げたにおいが漂う町で、営業再開を決意した。
 仮設営業の末に2017年12月、本格営業にこぎ着けたものの不安は尽きない。町の人口は減少の一途。「本当にやっていけるだろうか」。リアス線開業が頼みの綱だ。
 オランダ風車を模した真新しい陸中山田駅の周辺では、鉄路復活を見越して各種店舗の再建が進む。町のみんなが、リアス線の一番列車到着を心待ちにしていた。
 タクシーは駅と高台の移転住宅地を結び、主にお年寄りの足となる。観光客の受け入れ態勢も考えたい。
 「リアス線開業を機に、町に活気が戻ってほしい。駅舎の前で、笑顔でお客さんを出迎えたい」と山崎さん。新生・三鉄リアス線が、8年間の空白を経て当たり前の、本当に当たり前の光景を町に呼び戻してくれると信じている。(宮古支局・佐々木貴)


2019年03月24日日曜日


先頭に戻る