宮城のニュース

<参院選宮城>立民、フリーアナの菅原氏擁立へ 長女はAKB元メンバー

 夏の参院選宮城選挙区(改選数1)で、立憲民主党県連が栗原市在住のフリーアナウンサー菅原美話(みわ)氏(51)を擁立する方向で最終調整していることが24日、関係者への取材で分かった。近く幹事会を開き、党内の手続きを進めるとみられる。
 菅原氏はアナウンサーやタレントとしてテレビやラジオに出演している。長女は女性アイドルグループAKB48の元メンバーで女優の岩田華怜さん。
 他の野党との選挙協力を視野に進めてきた候補者の人選作業の中で、知名度や地域振興の取り組みに実績がある菅原氏が浮上した。
 立民県連は党内手続きを経て、国民民主、社民の両県連、連合宮城などでつくる政策フォーラムで連携を呼び掛ける方針。岡本章子代表は河北新報社の取材に「正式な手続きを踏んで答えたい」と話した。
 宮城選挙区では自民党現職の愛知治郎氏(49)、共産党新人の元仙台市議舩山由美氏(50)が立候補を表明している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年03月25日月曜日


先頭に戻る