宮城のニュース

<楽天>応援団決起集会「今季こそ優勝」応援歌合唱し臨戦態勢

応援練習をする東北楽天の応援団

 29日にプロ野球ロッテとの開幕戦(ZOZOマリンスタジアム)を迎える東北楽天の応援団の決起集会が24日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった。6季ぶりの王座奪還を目指すチームを後押ししようと約200人のファンが集結。コールリーダーの音頭で「優勝するぞ」と気勢を上げた。
 参加者全員で約1時間、今季使用する応援歌を合唱して臨戦態勢を整えた。八木山ベニーランド(仙台市)のテーマ曲を替えたチャンス時の応援歌や、ウィーラー選手が打席に入ったときの個人応援歌など既存曲を中心に練習した。
 西武から加入した浅村栄斗選手、昨季のパ・リーグ新人王田中和基選手の個人応援歌も初披露された。ほかに今季は嶋基宏、島内宏明両選手ら一部選手の個人応援歌も変わった。
 今季の応援の在り方を協議する中で球団と応援団の間で行き違いがあり、立花陽三球団社長が集会の冒頭、「ミスコミュニケーションが生じ、ファンの皆さまにご迷惑をお掛けした」と謝罪した。


2019年03月25日月曜日


先頭に戻る