宮城のニュース

<楽天>田中、復活の3打点 自身初の開幕戦先発出場へ前進

2回、東北楽天・田中が右前に2点打を放つ

 オープン戦最終戦で東北楽天の田中が復活を印象づけた。右足首の捻挫から戻って4試合目で、待望の復帰後初安打を記録するなど2安打3打点と活躍した。「体が大丈夫と言っても結果を残さないと使ってもらえない。打てて良かった」と笑顔を見せた。
 復帰後の初安打は二回だった。オコエの2点二塁打で先制し、なお1死二、三塁で先発柳の直球を右前へ運んだ。六回は2死三塁から2番手小熊の直球を器用に左前へ流し打ちし3打点目を挙げた。
 前日の中日戦から実戦の感覚を取り戻した。この日も5打席全てで「自分でおかしいと思うくらいに打席での感じが良かった」と手応えを口にする。平石監督も「心配はいらない。(安打が出て)本人が一番安心したと思う」と話した。
 六回には果敢に二盗を試みた。結果は失敗だったが「怖さを感じずにできた。スタートもうまく切れた」と右足首に痛みなくプレーできたことに自信を深めた。
 3年目で初めての開幕戦の先発出場を目指す。けがが癒えた昨季の新人王は「(先発オーダーに)絶対に名前を連ねたい。そして、1年間(レギュラーを)続けていきたい」と決意を述べた。(伊藤卓哉)


2019年03月25日月曜日


先頭に戻る