宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>価値あるドロー INAC神戸と0−0

 第2節は24日、仙台市のユアスタ仙台などで行われ、マイナビベガルタ仙台レディース(仙台)はINAC神戸と0−0で引き分けた。通算成績は1分け1敗の勝ち点1。

◎守備が機能し零封

マイナビ仙台(1) 0 0―0 0 INAC神戸(4)
            0―0
▽観衆 1411人

 仙台が堅守を発揮して勝ち点1を得た。相手の個人技やサイドチェンジなどに落ち着いて対応。自陣ゴール前でも体を寄せて決定的なシュートを防いだ。ボールを保持できた前半に浜田、白木らがシュート4本を放ったが、相手GKの正面を突くなどゴールを奪えなかったのが悔やまれる。

<勝ち点1が自信に/仙台・辛島啓珠監督の話>
 勝ち点1を取れたのは自信になる。選手は守備にハードワークしてくれた。中2日でも疲労の回復が想像以上に早く、有酸素のトレーニングの成果が少し出た気がする。


2019年03月25日月曜日


先頭に戻る