宮城のニュース

<宮城県人事>企業管理者に桜井氏 総務部長は江口氏

 宮城県は27日、春の定期人事異動を発表した。異動総数は知事部局以外への出向者を含め1987人。農林水産部を分割し、農政部、水産林政部を新設するため前年度(1750人)を237人上回り、東日本大震災以降で最多となった。発令は4月1日、退職は3月31日。
 特別職は、副知事に就く遠藤信哉公営企業管理者(62)の後任に、桜井雅之土木部長(60)を起用する。
 部長級は、教育長に就任する伊東昭代総務部長(60)の後任に総務省出身の江口哲郎震災復興・企画部長(43)が回り、震災復興・企画部長に後藤康宏環境生活部長(59)が就く。
 環境生活部長に大森克之公務研修所長(57)、土木部長には門脇雅之土木部技監兼次長(59)が就任。保健福祉部長、経済商工観光部長の後任は伊藤哲也東京事務所長(56)、鈴木秀人気仙沼地方振興事務所長(57)を充てる。
 農政部長は農林水産省から出向中の佐藤夏人農林水産部技監兼次長(51)、水産林政部長は小林徳光東部地方振興事務所長(58)がそれぞれ就く。
 東京事務所長には佐藤達哉農林水産部次長(56)を起用。仙台地方振興事務所長は山口浩徳総務部理事兼消防学校長(58)が回る。公務研修所長に伊丹相治震災復興・企画部理事兼次長(59)が就任する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年03月27日水曜日


先頭に戻る