宮城のニュース

<楽天>王座奪還へ「RESTART」 開幕前に本拠地で必勝祈願

今季の飛躍を祈願する東北楽天の選手とスタッフ

 プロ野球東北楽天の選手、コーチ陣、球団職員ら約160人が26日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で29日の開幕を前に今季の必勝を祈願した。
 チームのスローガンは「RESTART(再始動)」。近くの榴岡天満宮の宮司を招いて初めて球場で行い、気持ちを新たにした。石井一久ゼネラルマネジャーやユニホーム姿の平石洋介監督らが出席し、今季就任した銀次主将が神前に玉串をささげた。
 東北楽天は昨季、3季ぶりにパ・リーグ最下位に沈み、今季は2季ぶりのクライマックスシリーズ(CS)出場を目指す。
 平石監督は「まだ手応えは分からないが、キャンプでやれることはしっかりやった。いよいよ始まるという思い。いい状態で元気に戦えるように祈った」と語った。
 東北楽天はビジターでのロッテ3連戦から今季が始まる。ホーム開幕は4月2日の日本ハム戦(楽天生命パーク宮城)となる。


2019年03月27日水曜日


先頭に戻る