秋田のニュース

18歳未満の少女とみだらな行為、陸自隊員停職処分

 陸上自衛隊秋田駐屯地は25日、18歳未満の少女と酒を飲み、みだらな行為をしたとして、同駐屯地の第21普通科連隊の男性1等陸士(20)を停職30日の懲戒処分にしたと発表した。駐屯地によると2018年8月10日、秋田市の飲食店で少女と飲酒後、ホテルでみだらな行為をした。1等陸士は県青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検され、不起訴となった。処分を受け、依願退職する意向。


関連ページ: 秋田 社会

2019年03月27日水曜日


先頭に戻る