宮城のニュース

<楽天>「向かっていく投球を」 熊原が入団会見

DeNAからトレードで東北楽天に移籍し、記者会見でガッツポーズする熊原

 東北楽天がDeNAからトレードで獲得した熊原健人投手(25)=178センチ、85キロ、右投げ左打ち=の入団記者会見が27日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった。背番号は59。年俸は1000万円。
 熊原は角田市出身で、宮城・柴田高、仙台大を経て2016年にドラフト2位でDeNAに入団した。会見で「(宮城に)戻ってくることに特別な思いがあるし縁を感じる。感動を与えられるような選手になりたい」と決意を述べた。
 DeNAでは制球力を高められず、昨季は1軍登板がなかった。先発として期待される右腕は「プロ入り後の3年間は失敗の方が多かった。しっかり腕を振って、打者に向かっていく投球をしたい」と話した。
 エースの岸、1軍のマウンドを目指す育成選手の由規は同じ宮城県出身。「2人とも中学、高校の時のスーパースター。一緒に野球できるのは不思議な感じがする。見て学んだり、アドバイスを聞いたりしたい」と声を弾ませた。(金額は推定)


2019年03月28日木曜日


先頭に戻る