福島のニュース

歳入減収5860万円を東電に損賠請求 福島・桑折町

 福島県桑折町は27日、東京電力福島第1原発事故に伴う町一般会計の歳入減収分など約5860万円について、東京電力ホールディングスに損害賠償請求した。
 町役場を訪れた東電福島復興本社の近藤通隆副代表に対し、高橋宣博町長が請求書を手渡した。請求は、17年4月1日から18年3月31日までの除染対策や風評被害対策の費用など。町によると、これまで請求した計約5億5870万円のうち、支払われたのは計約2430万円にとどまる。


関連ページ: 福島 政治・行政

2019年03月28日木曜日


先頭に戻る