広域のニュース

こども新聞サミット閉幕、「世代超え挑戦を」スポーツを楽しむ提言まとめる

分科会の発表案をまとめる奥山さん(中央)

 「みんながスポーツを楽しむには」をテーマに日本科学未来館(東京都江東区)で開催中の第3回こども新聞サミットは27日、6分科会ごとの意見発表や、全体討議で提言をまとめ、2日間の日程を終えた。
 「こども新聞 週刊かほピョンプレス」代表の仙台市金剛沢小5年奥山史織さん(11)が参加した分科会は、スポーツで地域振興を目指す具体的な行動を話し合った。分科会の代表は「多様で多世代の人がスポーツに触れる機会をつくろう」と発表した。
 発表内容を基に、各分科会代表のこども記者6人とスポーツコメンテーター増田明美さんらが全体討議を実施。サミットのテーマの答えとなる提言「いっしょに挑戦し笑顔を広げよう」をまとめ、参加者全員で高らかに唱えた。
 サミットには子ども向け新聞や紙面を持つ河北新報社など全国27新聞社から37人が参加した。障害者スポーツやボランティアなどの取材を経てサミットに臨んだ。


関連ページ: 広域 社会

2019年03月28日木曜日


先頭に戻る