福島のニュース

ひょっこりはん考案の健康弁当「げっそりはん」 31日までファミマで販売

ひょっこりはんさん(中央)らが弁当をPRした

 お笑い芸人のひょっこりはんさんとハイキングウォーキングの松田洋昌さんが25日、福島県庁を訪れ、自身が考案し県内のファミリーマートで販売する弁当をPRした。
 弁当は「ひょっこりはんの大豆でビビンバはん」(税込み498円)と「畑の肉のそぼろパスタ」(同460円)。いずれも肉の代わりに大豆ミートを使い、健康志向のヘルシー弁当に仕上がっている。
 試食した内堀雅雄知事は「肉と間違えるような食感。すごくおいしい」と満足そう。ひょっこりはんさんは取材に「メタボリック症候群の人こそ食べてほしい。目指せ、げっそりはん」と語った。
 弁当は、県と吉本興業(大阪市)の包括連携協定に基づき、県の脱メタボ運動の一環で作った。県内約180店舗で31日まで販売する。


関連ページ: 福島 社会

2019年03月29日金曜日


先頭に戻る