宮城のニュース

皇太子ご夫妻の歌を後世に 名取・閖上、震災詠んだ石碑完成

関係者が除幕して歌碑の完成を祝った

 皇太子ご夫妻が名取市閖上地区で交流した東日本大震災の被災者への思いを詠まれた歌を後世に残そうと、市が地区に整備中の震災メモリアル公園に歌碑を建立した。現地で29日、除幕式があった。
 歌碑に刻まれたのは皇太子さまが詠んだ「復興の住宅に移りし人々の語るを聞きつつ幸を祈れり」と、皇太子妃雅子さまの「あたらしき住まひに入りて閖上の人ら語れる希望のうれし」の2首。いずれも2018年1月の「歌会始の儀」で披露された。
 歌碑は黒御影石製で幅2.4メートル、高さ95センチ。台座(高さ27.5センチ)に、訪問を記念した石碑と解説板も建てた。
 皇太子ご夫妻は17年11月、閖上地区で被災者と交流した。除幕式には約70人が出席し、災害公営住宅で暮らす三浦りょうこさん(85)は「雅子さまから『元気でお過ごしください』と声を掛けてもらい、涙がこぼれそうになった。『閖上』という言葉を入れ、良い歌を詠んでもらった」と感慨深げだった。山田司郎市長は「(歌が)被災者の大きな力となった」と振り返った。
 揮毫(きごう)したのは公募で選ばれた市内の中学生。皇太子さまの歌を担った増田中3年高橋瑠奈さん(15)は「震災の記憶を後々の人たちに伝えていきたい」と語り、雅子さまの歌を任された名取一中1年布田百合愛(ゆりあ)さん(13)は「閖上の人の力になれるようにと思って書いた」と話した。
 震災メモリアル公園は、5月26日に予定している閖上地区の「まちびらき」に合わせて開園する。歌碑は慰霊碑がある「祈りの広場」に建立された。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月30日土曜日


先頭に戻る