宮城のニュース

<仙台地検>刑事事件証拠品の腕時計を持ち出し質入れ 窃盗容疑で捜査事務官を懲戒免職

 仙台地検は29日、地検の倉庫に保管中の国庫帰属物の腕時計を無断で持ち出したとして、40代の男性検察事務官を懲戒免職とした。地検が窃盗容疑で捜査していたが同日、不起訴(起訴猶予)とした。
 地検によると、男性は昨年3月〜今年1月、所有権が放棄された刑事事件の証拠品の腕時計(8万円相当)を倉庫から計3回持ち出し、質入れを繰り返した。
 2月上旬に別の事務職員が売却準備で倉庫を確認し、紛失に気付いた。質店からの借り入れは借金返済や飲食代に充てたという。
 山崎耕史次席検事は「法令順守に厳格であるべき検察庁職員が法に触れたことは遺憾で、おわび申し上げる」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月30日土曜日


先頭に戻る