宮城のニュース

<ベガルタ>シュミット、代表の経験生かす

 GKシュミットが日本代表の誇りを胸にC大阪戦に臨む。26日のボリビアとの国際親善試合にフル出場。少なかった守備機会に「『やった感』はない」と物足りない表情だが、渡辺監督には「90分間やれたのは良かった」と話したという。指揮官は「経験を積むことで成長がある。チームに還元してほしい」と期待する。
 今度はチームを救う番だ。3連敗はいずれも複数失点で喫した。「内容はどうでもいい。勝たないとまずい」と危機感を募らせる。守備はもちろん、攻撃でも高精度のロングフィードで支える覚悟。スピードのあるジャーメインやハモンロペスが出場した場合は「DFの裏に抜ける配球ができれば好機になる」と相手の隙をうかがう。


2019年03月30日土曜日


先頭に戻る