宮城のニュース

<ベガルタ>ハモンロペス復活間近 不振脱却へ連続ゴール狙う

紅白戦で平岡(左)と競り合うハモンロペス

 不振からの脱却にはハモンロペスの活躍が欠かせない。3連敗を喫した前節の湘南戦で終盤に自身の今季初ゴールを決めて意地を見せた。リーグ戦初勝利を待ちわびるサポーターのためにも「期待に応えないといけない」と2戦連続ゴールを狙う。
 途中出場した湘南戦のゴールは気迫で奪った。0−2の劣勢から、攻め上がった永戸の左クロスを相手DFと競り合いながら頭に当てて一矢報いた。チームが今季初めて流れの中で奪った1点。苦戦が続く中、攻撃の復調を予感させる価値あるゴールだった。
 浦和との開幕戦でフル出場と奮闘したが、その後はけがで離脱。湘南戦が3戦ぶりの出場だった。次のC大阪戦まで2週間の中断期間を生かし、じっくり調整に励んだ。
 「コンディションを整え、周囲との連係も良くなった」と話す。特に左右のシャドーストライカーを形成する吉尾とのコンビには「すごくいい選手で理解し合えている。試合で良い表現ができればいい」と手応えを口にする。
 チームの総得点3はリーグワースト5位タイ。得点力向上へ、長身で迫力あるドリブルとミドルシュートを武器とする背番号9の完全復活が待たれる。もちろん本人も「どのプレーでも100%の力を出すことでチームにいい影響を与え、アシストやゴールで貢献したい」と意欲的だ。(原口靖志)


2019年03月30日土曜日


先頭に戻る