宮城のニュース

<楽天>助っ人2人が打線けん引

ロッテ―東北楽天 6回東北楽天2死満塁、ブラッシュが右前2点打を放つ

 東北楽天の助っ人2人が開幕戦から打線を引っ張った。まずはウィーラー。0−1の二回無死一塁、ロッテ先発石川の142キロの直球を右中間スタンドにたたき込んだ。「甘い球をしっかり仕留めることができた。いきなりいい一本が出てうれしい」と満面の笑みを浮かべた。
 新加入のブラッシュも気を吐いた。六回2死満塁でカットボールを右前に運んだ。来日初安打初打点に「肩の荷が下りたよ」とほっとした表情を見せた。直球にも変化球にもうまく対応できなかった第1、2打席は凡退。それでも「内容は良かった」と3打席目で結果を出した。
 日本で迎えた開幕戦の雰囲気に「非常に興奮した」と言う。試合に敗れたことが悔しかった様子。「今後、もっとチームに貢献していきたい」と語った。(伊藤卓哉)


2019年03月30日土曜日


先頭に戻る