宮城のニュース

<楽天>開幕戦4季連続勝利ならず ロッテに4−5

 プロ野球は29日、各地でセ、パ両リーグが計6試合を行い、2019年のシーズンが開幕した。東北楽天はロッテに4−5で逆転負けした。
 リーグ4連覇を狙う広島は巨人に5−0で快勝。3年連続の日本一を目指すソフトバンクは西武に延長十一回、5−4でサヨナラ勝ち。阪神はヤクルトに延長十一回、2−1でサヨナラ勝ちし、DeNAが中日を8−1で下した。日本ハムはオリックスに延長十回、中田の満塁本塁打で7−3とサヨナラ勝ちした。各チームは交流戦18試合を含む143試合を戦う。クライマックスシリーズ(CS)はセ、パともに10月5日に始まり、日本シリーズは同19日に開幕する。

ロッテ−東北楽天1回戦(ロッテ1勝、18時31分、ZOZOマリンスタジアム、30,308人)              
東北楽天020002000=4
ロッテ 10010300×=5 
▽勝 酒居1試合1勝     
▽S 益田1試合1S     
▽敗 石橋1試合1敗     
▽本塁打 加藤1号(1)(岸)ウィーラー1号(2)(石川)中村奨1号(1)(岸)レアード1号(3)(石橋)

 東北楽天は競り負け、開幕戦4季連続勝利を逃した。4−2の六回、4番手石橋がレアードに逆転3ランを浴びた。先発岸は一回に加藤に先制ソロ、四回は中村奨に右越えソロを許し2失点。五回途中に左脚の不調を訴え降板した。打線は0−1の二回、ウィーラーの2ランで逆転。2−2の六回はブラッシュの2点打で一時勝ち越した。
 ロッテは打線の一発攻勢が光った。2番手酒居が1球で白星を挙げた。

☆イヌワシろっかーるーむ

<浅村栄斗内野手(六回に移籍後初安打となる右前打)>
 「(石川の)直球とカットボールなどの変化球の見極めが難しく、序盤は苦しんだ。ヒットが1本出て良かった」

<オコエ瑠偉外野手(五回、右中間を破りそうな当たりを好捕)>
 「田村さん(青森・光星学院高出)が右方向に打ってくると思っていた。打球(の落下点)にうまく入れた」


2019年03月30日土曜日


先頭に戻る