宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>GK池尻動じぬ 2戦で1失点のみ、冷静なセーブ披露

シュート練習でゴールを守る池尻(左)

 池尻は動じない。大卒新人ながら正GKの大役を担い落ち着いたセーブでチームに貢献している。2戦で不運な1失点だけと堅守を披露し、次に求めるのはチームの今季初勝利。「無失点を続け、仲間がゴールを決めるのを待つ」と話す。
 堂々としたプレーは新人離れしている。開幕デビューとなったノジマステラ神奈川相模原戦は強風に乗ったCKでゴールを許したが、失点はこれだけ。プレーするのが難しい条件下での一戦に「すごい楽しかった」と意に介さなかった。前節の強豪INAC神戸戦は零封。終盤に相手と1対1となるピンチでは、果敢に飛び出して防いだ。
 身長164センチとGK3人で最も小さい。ライバルとの体格差を感じさせないのは、冷静な判断での素早い動き出しと的確な位置取りによる。「ゴールを守る責任がある。誰にも負けたくない」との強い思いを持つ。
 ミディアムの髪をヘアバンドなどで固定せず、風になびかせながらプレーする。「縛るのは嫌。昔からのスタイルを変えたくない」と笑顔。チームの新たな守護神は常に自然体を忘れない。(原口靖志)


2019年03月30日土曜日


先頭に戻る