宮城のニュース

自転車で山形へ向かい遭難 仙台の男子高校生救助

 29日午後9時ごろ、仙台市太白区秋保町の二口林道で、自転車で山形市に向かっていた仙台市泉区の男子高校生(18)から父に「居場所が分からなくなった」と連絡があり、父が110番した。仙台南署や仙台市消防局などが捜索し、30日午後0時10分ごろ、山形市内の林道で山形県の防災ヘリが救助した。市消防によると、高校生は衰弱していたが意識はあるという。


関連ページ: 宮城 社会

2019年03月31日日曜日


先頭に戻る