宮城のニュース

<楽天>美馬、充実感 制球重視 5回3失点で白星

5回3失点で白星を挙げた東北楽天先発の美馬

 美馬が抑えの松井を経由して、平石監督に初勝利記念のボールを贈った。昨年6月、監督代行として初勝利を挙げた試合にも先発したが、美馬自身の遅いシーズン1勝目と重なって受け取りを断られていた。「今度はしっかり渡せることができてうれしい」と右腕は満面の笑みを浮かべた。
 美馬にとって雪辱を果たすべき一戦でもあった。昨季初登板したこの敵地で三回途中5失点と炎上。不振の1年へとつながった。「今回はずるずるいかないように」と制球を重視。昨年8月に右肘を手術した影響を感じさせない力投を見せ、「勝ちでスタートできた」と充実感を漂わせた。
 勝利を喜びながらも次戦への課題も忘れない。二回と五回、いずれも得点圏に走者を背負った後、変化球を痛打され失点した。「走者を出したときに落ち着かないといけない」と反省点を挙げた。
 平石監督は「(前日に)岸に(左太もも裏に違和感を抱える)アクシデントがあり、気負い過ぎてもおかしくない中で、よくやってくれた」とたたえた。初勝利球について「今回は受け取った」とうれしそうな表情を見せた。(狭間優作)


2019年03月31日日曜日


先頭に戻る