宮城のニュース

<楽天>打線10安打 今季初勝利

ロッテ−東北楽天2回戦(1勝1敗、14時00分、ZOZOマリンスタジアム、29,002人)
東北楽天003023100=9
ロッテ 010020000=3
▽勝 美馬1試合1勝
▽敗 ボルシンガー1試合1敗 
▽本塁打 オコエ1号(3)(ボルシンガー)レアード2号(1)(美馬)嶋1号(1)(種市) 

 東北楽天は10安打と打線が活発に打ち、今季初勝利。0−1の三回、オコエが右越えに1号3ランを放って逆転した。五回はウィーラー、銀次の適時打で2点を加え、六回はウィーラーの3点二塁打、七回には嶋のソロで突き放した。
 先発美馬は5回3失点で白星を挙げた。救援した青山、森原、ハーマン、松井は無得点に抑えた。
 ロッテの先発ボルシンガーが4回2/3を投げ5失点。投手陣5人が計9四球を与え、9失点と打ち込まれた。

☆イヌワシろっかーるーむ
<松井裕樹投手(九回に今季初登板。打者3人を三振で仕留める)>
 「セーブはつかない状況だったが、最後を任せてもらえた。直球が少し浮ついたのが今後の課題」

☆熱血平石語録
<一番長い>
 「2軍監督時代はオコエ(の指導)に費やした時間が一番長い。まじめになってきたのはいいけれど、彼らしいスケール感が損なわれないようにさせたいね」(2軍時代からのオコエとの歩みを振り返って)


2019年03月31日日曜日


先頭に戻る