宮城のニュース

仙台雪景色 春が恋しい 3月上旬並み7.5度

大きく膨らんだ桜のつぼみに降り積もった雪=31日午前8時50分ごろ、仙台市青葉区堤町

 東北上空に寒気がとどまった影響で、宮城県内各地で31日、雪やみぞれが観測された。仙台管区気象台によると、仙台市の最高気温は3月上旬並みの7.5度と肌寒い日となった。
 仙台市中心部では午前、季節外れの雪が降り、街にはダウンコートなど真冬の身支度をした人たちが目立った。大きく膨らんだ桜のつぼみには雪が積もり、ピンクと白のコントラストを見せていた。
 気象台によると、1日以降も上空に寒気がとどまる見込みで、今週半ばまで気温の低い日が続くという。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月01日月曜日


先頭に戻る