宮城のニュース

<楽天>石橋 悲願 苦労人 4季目で初勝利

2番手で登板しプロ初勝利を挙げた東北楽天・石橋

 今季に懸ける思いが結実した。昨季育成契約から再び支配下登録された苦労人の石橋が、4季目で初勝利を挙げた。「1勝できて良かった。うれしいです」とほっとした表情で話した。
 三回1死二塁から2番手を任された。一発が怖いバルガスを無理せず四球で歩かせ、続く田村(青森・光星学院高出)を空振り三振、藤岡を遊飛。直前に同点としたチームの良い流れを渡さず、四、五回も無得点に抑えた。
 29日の開幕戦では、4−2の六回にレアードに逆転3ランを浴びて敗戦投手に。ホテルに戻ってからは「無の状態。1時間ほどぽかんとしてた」と語る。
 再戦の機会は五回1死一塁で訪れた。前回痛打された決め球のシュートで、二飛に仕留めた。「いただいた好機。思い切りいけた」と笑顔を見せた。
 平石監督は「投げる姿がものすごく良かった。負けのロング(リリーフ)では考えていない」とたたえる。石橋は「一喜一憂せずに出続けたい」と強調した。


2019年04月01日月曜日


先頭に戻る