宮城のニュース

<楽天>ホーム開幕戦にファン続々「勝利を」

小雪が舞う中、防寒具を配る列に並ぶファン=2日午前11時50分ごろ、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城

 プロ野球東北楽天は2日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で本拠地開幕戦となる日本ハム戦を迎えた。午後4時の試合開始を前に、球場には多くのファンが集まった。
 球場周辺では、グッズを買い求めるファンや、嶋基宏選手の首振り人形と記念撮影をする家族連れの姿が見られた。当日券売り場には列ができていた。
 今季からスタジアムはキャッシュレス(非現金)決済が導入され、球団職員らが準備に追われていた。
 白石市白石中2年菊地翔太さん(13)は野球部のチームメート3人と訪れた。「当日券を買うため午前10時に来た。楽天の勝利と、茂木栄五郎選手のフルスイングに期待したい」と語った。
 敵地であったロッテとの開幕カードは2勝1敗と勝ち越した。3試合で6本塁打22得点と好調な打線に期待がかかる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月02日火曜日


先頭に戻る