岩手のニュース

幸福追求「結果まで保障」岩手知事、新総計で表明

 「県民の幸福を追求する」とした岩手県新総合計画(2019〜28年度)のスタートに当たって達増拓也知事は1日、定例記者会見で「(県が県民に対して)結果まで保障する体制を確立する」と表明した。
 「指標や政策目標値、県民意識調査に基づき、実際に幸福度が高まっているのかを見ていく」と述べて「幸福の数値化」を強調。「県民一人一人に(幸福という)結果が出るようにしていく」と述べた。
 幹部職員への訓示でも幸福保障体制の確立に取り組む考えを披露して(1)基本目標の普及(2)政策の推進(3)関係団体との連携構築(4)県民生活の実態把握−の4項目を全庁に指示した。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年04月02日火曜日


先頭に戻る