秋田のニュース

<秋田1農協化>合併事務局を開所 組織再編協議会

 秋田県内にある全13農協の1農協への合併に向けたJAグループ秋田組織再編協議会の事務局開所式が1日、秋田市の県JAビルであった。事務局員を委嘱された農協や県農協中央会などの部課長級職員21人が総務管理、信用・共済、営農経済の3班に分かれて合併の青写真を描く。
 開所式では、県農協中央会の船木耕太郎会長が「県内は高齢化と人口減が進み、産地拡大には全県を一本化してオール秋田で挑むしかない。大いに議論してほしい」と職員に訓示した。
 農協組合長らによる組織再編協議会は7月に発足する。青写真について、宮野寿一協議会事務局長は「年度内にある程度のものをつくりたい」と意気込みを示した。
 1農協を目指す方針は昨年11月の県農協大会で決議された。合併の時期は2024年度をめどとしている。県中央会によると、全国的には1日までに5県で1農協化が実現している。


関連ページ: 秋田 社会

2019年04月02日火曜日


先頭に戻る