福島のニュース

新人フラガール6人が決意「魅力あるダンサーに」ハワイアンズで入社式

新元号「令和」にちなみレイをかけた写真撮影に応じる新人フラガール
写真撮影に応じる新人フラガール

 福島県いわき市の温泉レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」を運営する常磐興産(いわき市)の入社式が1日、ハワイアンズであり、新人フラガール6人がダンサーの道を歩み出した。
 出身地は福島県内3人、東京都、神奈川県、埼玉県各1人。一般の新入社員31人と共に式に臨み、自己紹介で「笑顔と迫力あるショーを届けたい」「感謝と努力と思いやりを忘れず頑張る」と抱負を述べた。
 福島県大熊町出身の斎藤遥さん(18)は、東京電力福島第1原発事故で会津若松市などに避難。フラを始めたいわき総合高の愛好会でリーダーを務めた。取材に「被災地を元気づけ、支援していただいた方々に恩返ししたい。人に影響を与えられる魅力的なダンサーになりたい」と語った。
 6人は1日、常磐興産が運営する常磐音楽舞踊学院に入校した。今夏にデビューする。フラガールは総勢40人となった。


関連ページ: 福島 社会

2019年04月02日火曜日


先頭に戻る