宮城のニュース

銀文字で「令和」 藤崎本館のパン屋、元号あんぱん人気

「令和」の文字が入った元号あんぱん=2日午前10時15分ごろ、仙台市青葉区の藤崎

 仙台市青葉区の藤崎本館にあるパン屋「東京ポンパドウル」で、新元号「令和」の文字をあしらったあんパンが発売され、話題を集めている。
 その名も「元号あんぱん」。縦7センチ、横12センチのきつね色のパンの表面には、いぶし銀の「令」「和」の2文字がくっきりと浮かぶ。型紙を乗せ、カラメル入りパウダーを振りかけて焼き上げた。
 「新元号の記念企画として、1日の発表直後から全国の店舗で販売を始めた」(同店)という。
 2日も開店早々から、大勢の買い物客が店頭を訪れ、午前中には用意した50個が完売する人気ぶり。
 仙台市太白区の主婦、菅原修子さん(81)は「主人と一緒に新元号のお祝いムードをかみしめます」と笑顔で話した。
 元号あんぱんは、1個184円。5月1日まで販売する予定。連絡先は同店022(722)2880。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月03日水曜日


先頭に戻る