宮城のニュース

復興へ安全安心確保を 若林署が開署式

開署式があった宮城県警若林署

 宮城県内25カ所目の警察署として1日に業務を始めた若林署の開署式が3日、仙台市若林区荒井東1丁目の同署であった。署員らは管内の治安維持に努める決意を新たにした。
 村井嘉浩知事は「(東日本大震災の津波被害から)復興に向かう区民らを後押しし、安全安心を確保する役割は大きい。治安の要の機能を発揮してほしい」とあいさつした。
 庁舎は鉄筋4階、延べ床面積約4100平方メートル。電源確保の太陽光発電パネルを設置したほか、食料の備蓄倉庫なども備えている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月03日水曜日


先頭に戻る