宮城のニュース

<楽天>ホーム開幕白星、「今年こそ日本一だ」ファンの気勢一気

ホーム開幕戦の勝利を願って風船を飛ばし応援する東北楽天ファン

 「今年こそ日本一だ」。プロ野球東北楽天のホーム開幕戦があった2日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城には満員となる2万7096人のファンが詰め掛けた。チームは本拠地開幕戦を白星で飾るとともに3連勝を飾り、ファンの気勢も一段と上がっていた。
 午後4時の試合開始前から時折雪が降る中、ファンは寒さに耐えながら試合開始を待った。多賀城高1年の谷七海(ななみ)さん(16)=仙台市宮城野区=は母、妹2人と来場。「3連勝を決めて勢いに乗ってほしい」と期待した。
 今季は一部選手の応援歌が変更された。多賀城市の会社員佐藤久美子さん(43)は「以前の歌に愛着があるが、歌は変わってもファンの応援で選手を後押しすることに変わりない」と力を込めた。
 試合は四回に島内宏明外野手が左前適時打を放ち先制すると、八回には今季東北楽天に移籍した浅村栄斗内野手にファン待望の一発が飛び出して日本ハムを突き放す。投げては先発辛島航投手が7回無失点の好投を見せた。
 東北医科薬科大3年渡辺研也さん(20)=石巻市=は「辛島投手の粘りは見事。浅村選手の本塁打にもしびれた」と興奮を隠し切れない様子で語った。


2019年04月03日水曜日


先頭に戻る