宮城のニュース

<楽天>雪舞う熱戦制す、ホーム初戦

小雪が舞うホーム開幕戦で力投する東北楽天先発の辛島(写真部・佐藤琢磨撮影)

 プロ野球東北楽天は2日、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で日本ハムとの本拠地開幕戦に臨み、3−1で勝った。ホーム初戦の白星は2年ぶり。
 東北楽天は四回に島内宏明外野手の左前打で先制。その後、なかなか追加点を奪えなかったが、八回に浅村栄斗内野手が左中間に2ランを放ち、試合を決めた。
 今季初先発の辛島航投手も好投。7回を投げ、8三振を奪い、無失点だった。
 日中から時折、雪が舞う寒い一日。試合中も冷え込み、雪で中断する場面もあったが、詰め掛けた2万7096人のファンが最後まで熱い声援を送った。
 3、4日も同球場で日本ハムと戦う。


2019年04月03日水曜日


先頭に戻る