宮城のニュース

<楽天>松井、今季初セーブも内容に不満

松井 裕樹

 東北楽天の松井が今季初セーブを挙げたものの「(初セーブを)しっかり取りたかったが先頭を出してしまった」と内容に不満顔だった。
 3−0の九回に登板。先頭の近藤に一塁へのゴロを打たせたが、一塁ベースカバーの際に銀次のトスを顔に当てて落球。その後2四球で1死満塁とし、谷内の三ゴロの間に1点を失った。
 さらに2死二、三塁とピンチは続いたが、鶴岡を空振り三振に仕留めて何とか切り抜けた。松井は「内野手との連係プレーをきちんと練習したい」と反省しきりだった。


2019年04月03日水曜日


先頭に戻る