宮城のニュース

津山診療所を廃止 医師確保見通し立たず 登米市

 宮城県登米市津山町柳津の市津山診療所が医師不在による休止が1年続いたため、3月31日付で廃止となったことが4日、分かった。廃止により、同市の市立病院は3病院3診療所体制となった。
 市によると、同診療所は市立病院の医師不足で2018年4月1日から休診していた。その後も医師確保の見通しがつかず、1年が経過したため医療法の規定により廃止の扱いとなり、市は1日、県に廃止を届け出た。診療所を再開するには、新たに開業許可申請が必要となる。
 市医療局は「今後は民間の医療機関を誘致するなどして再開を目指したい」としている。
 同市では市登米(とよま)診療所も医師不足で18年8月から休止している。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月05日金曜日


先頭に戻る