宮城のニュース

<楽天>日本ハムに快勝11−2 連勝5に延ばす

東北楽天―日本ハム 6回東北楽天2死二、三塁、右翼フェンス直撃の2点適時三塁打を放ち、拳を突き上げる浅村=楽天生命パーク宮城

 東北楽天が六回に大量8点を奪い快勝。連勝を5に延ばした。
 3−2の六回、嶋の2点二塁打、浅村の2点三塁打などで加点。島内、ウィーラー、銀次の3連打でリードを広げた。初先発の弓削は制球に苦しみながらも五回途中1失点と粘投したが勝敗は付かず、2番手石橋が2勝目を挙げた。
 日本ハムは先発斎藤が二回途中3失点と振るわず、3番手鍵谷も5失点と打ち込まれた。チームは3連敗。

東北楽天−日本ハム3回戦(東北楽天3勝、13時00分、楽天生命パーク宮城、26,137人)
日本ハム000011000=2
東北楽天30000800×=11
▽勝 石橋3試合2勝1敗
▽敗 斎藤2試合1敗
▽本塁打 鶴岡1号(1)(青山) 

☆イヌワシろっかーるーむ
<浅村栄斗内野手(六回に右越え2点三塁打を放ち、開幕から6戦連続安打)>
 「打ったのは直球。みんなに続いていこうと思った。高めにしっかり合わせられた」

<島内宏明外野手(5打席で4度出塁、つなぎの4番の役割果たす)>
 「後ろの打者がしっかりしているので、とにかく塁に出たい。今季の目標は出塁率4割。ただ、4番は早く外してほしい」

☆熱血平石語録
<救援の連投回避>
 「ハーマンはもともと投げさせる予定がなく、松井は僅差なら登板だった。打線が大量点を取ってくれ最高の形になった」(前日まで4試合連続で登板していたハーマン、松井を送らずに済んだ大勝に)


2019年04月05日金曜日


先頭に戻る