宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>佐藤瑞「クロスで得点に」期待の新加入、初出場へ闘志

伊賀戦に向けた練習でパスを出す佐藤瑞

 新加入の佐藤瑞が闘志を燃やしている。選手層の厚いMFのレギュラー争いに食らい付き、「得意のクロスで得点につなげたい」と移籍後初めての出場を目指す。
 昨年10月に右膝を負傷したが既に回復している。伊賀戦を前にした練習では、ロングパスを正確に出してゴールをアシストするなど好調ぶりをアピールした。「自分のパスで(攻撃の)スイッチを入れたい」と意気込む。
 昨年のU−20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーで、正確なボールコントロールと精度の高いキックが持ち味。ユース時代から所属していた千葉を「環境を変えてチャレンジしたかったから」と離れ、新天地でさらなる飛躍を期す。「仙台はFWが高身長でクロスを合わせやすい」と自分の特長を発揮できそうだ。
 「最初は凍りそうだった」という仙台の寒さにも慣れてきた様子。エステティシャンの資格も持ち、体のケアには関心がある。明るく気さくな性格でチームを盛り上げる。
 リーグ戦第3節の日体大フィールズ横浜戦で今季初勝利を挙げ、チームは波に乗る。「若手もどんどん試したい」(辛島監督)という期待に対し「出場したら楽しみながら貢献したい」と準備は万端だ。(今愛理香)


2019年04月06日土曜日


先頭に戻る