宮城のニュース

<楽天>沈む打線、先制機クリーンアップ凡退 小刻み継投に反撃できず

6回東北楽天2死満塁、嶋が空振り三振に倒れる

 東北楽天打線が無得点に終わった前日に続きオリックス投手陣に手玉に取られた。この日は三回の茂木の一発による1得点にとどまり、平石監督は「毎試合打てれば苦労はしない。切り替えて次を勝ちにいくだけ」と言葉を絞り出した。
 オリックス先発東明を攻略できなかった。思ったよりも伸びてこない直球とコースを突く変化球の組み立てに戸惑った。小谷野打撃コーチは「狙いが絞りづらかった。タイミングが取りにくく、思ったより差し込まれていた」と振り返る。
 一回無死一、二塁の先制機に浅村、島内、ウィーラーの好調なクリーンアップが凡退。五回は先頭の9番橋本が四球で出塁し上位打線につなげたが、田中が三ゴロ、茂木が投ゴロ併殺打に倒れた。
 オリックスの好守にも阻まれた。六回1死二塁でウィーラーが中前打を放ち、二走の島内が一気に本塁を目指したが、中堅の西浦の好返球で生還できなかった。平石監督も「相手を褒めるべきところ」と脱帽するしかなかった。
 六回途中からオリックスは小刻みな継投。2死満塁で嶋が空振り三振に倒れてこの回を終えると、七回以降は1安打のみと反撃する勢いは生まれなかった。この日3安打と気を吐いた島内は「悪い流れを断ち切るしかない。次は勝てるように頑張る」と2連敗の雪辱を誓った。
(伊藤卓哉)


2019年04月07日日曜日


先頭に戻る