宮城のニュース

<ベガルタ>リーグ戦今季初出場の常田、守備で貢献

 今季のリーグ戦初出場の常田が大きな仕事をやってのけた。3バックの中央で先発し、相手の強力なアタッカー陣を封じて無失点勝利に貢献した。「自分が先発に入ったら、こういうことができるということを仲間に伝えられたと思う」と胸を張った。
 元日本代表の金崎やスペイン1部の強豪バルセロナ出身のクエンカらの突破を長身の体を張って封じ、精度の高いロングフィードも両サイドに供給。「逆サイドが空くので、(両サイドの石原崇と蜂須賀には)蹴ると伝えていた。練習の成果が出た」と笑顔を見せる。攻守で存在感を発揮した21歳は「(主力の大岩)一貴さんらセンターバック陣を脅かすことはできたと思う」と自信を持って主力の座に挑む。


2019年04月07日日曜日


先頭に戻る