広域のニュース

<東北3県議選>期日前投票、各県とも過去最高

 7日投開票の青森、秋田、山形の3県議選で、各県選管は6日、投票日2日前現在の期日前投票状況をまとめた。告示翌日の3月30日から今月5日までの7日間で投票率は各県で前回(2015年)を上回り、いずれも過去最高を更新した。
 各県の投票率は青森10.66%(前回比2.15ポイント増)、秋田19.03%(1.53ポイント増)、山形9.39%(0.55ポイント増)。投票者は青森9万7293人(1万1453人増)、秋田10万1763人(2万7692人減)、山形5万3065人(5868人増)だった。
 人口減少の影響で投票所数の削減が続く中、3県選管は利用率が増えている期日前投票所を増やす対策を講じた。今回の統一地方選は、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初めて。若年層を意識した投票呼び掛けのCMを制作するといった取り組みも奏功したとみられる。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年04月07日日曜日


先頭に戻る