宮城のニュース

夫婦合わせて「令和」 祝福の電話に苦笑い

新元号「令和」を報じる朝刊を読む金子令史さんと和子さん夫婦=2日、宮城県大崎市田尻

 宮城県大崎市田尻地区の金子令史さん(86)、和子さん(84)夫婦の名前の頭文字を合わせると、新元号「令和」になる。なんともめでたい巡り合わせだ。
 発表の日、テレビを見て「おや」「まあ」と驚いた2人。親戚や知人から祝福の電話を受けたが「『おめでとう』と言われても、なんて答えていいやら」と苦笑いしたという。
 元郵便局長の令史さんと専業主婦の和子さんは「平成は夫婦水入らずで孫の成長を見守った時期だった」。気持ちも新たに絆は続く。(小牛田)


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月08日月曜日


先頭に戻る