宮城のニュース

新たな目標胸に笑顔 仙台の小中学校 始業式

始業式で新しい学級担任との対面を喜ぶ児童=8日午前9時ごろ、仙台市青葉区の荒巻小

 仙台市立の小中学校と仙台青陵中等教育学校、鶴谷特別支援学校の計186校で8日、始業式があった。一つ上の学年に進んだ子どもたちは、新たな目標を胸に抱きながら元気よく新学期をスタートさせた。
 青葉区の荒巻小(児童328人)は転入生6人を迎えて始業式を実施。三井裕校長は「新学年スタートの日。自分の良さを伸ばし、どんどん増やそう。ありがとうをいっぱい言う学校にしよう」と呼び掛けた。
 3年生は学年集会を開き、新しい担任の先生の前で児童が本年度の目標を発表した。橋本芽緯さん(8)は「ピアノがうまくなりたい。毎日練習する」、畑中蒼太君(8)は「プールでクロールを25メートル泳げるようになる」とそれぞれ語った。
 市内の小学校120校のうち、秋保小を除く119校は8日午後に入学式がある。秋保小と中学校全64校は9日に行う。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月08日月曜日


先頭に戻る