宮城のニュース

<いぎなり仙台>国分町さ行ぐべ![7]皿盛りデザートで驚き/アシェットデセールエトネ

「苺とピスタチオのミルフィーユ」のセット。酒を合わせるなら赤のスパークリングワインがお薦めという

 まろやかな甘さの中、ワサビがつんと香り、舌を刺激する。マスカルポーネチーズにワサビを混ぜたクリームを口に運び、思わず「わぁ」と声が出た。後味爽やかで意外においしい。
 記者の反応を見てオーナーパティシエの山田智絵さん(35)は満足げ。「デザートでびっくりしてほしいんです」と言う。店名はフランス語で、アシェットデセールが皿盛りのデザートを、エトネは「驚き」を意味する。
 ケーキ店やホテルなどで経験を積み「今ここで食べるデザートを、目の前で盛り付けて出したい」と皿盛りデザート専門店を昨春開いた。地下にあり、カウンターの7席のみ。隠れ家のような空間でスイーツを堪能する男性も多いという。
 マスカルポーネのクリームは、今の時季お薦めの「苺(いちご)とピスタチオのミルフィーユ」の一要素。レモングラスを利かせたイチゴソルベなどと一緒に盛られ、多彩な風味や食感、組み合わせの妙が一皿で楽しめる。
 皿盛りデザートは毎日4種類用意する。季節の果物の他、ナスやゴボウ、ミョウガといった野菜やブルーチーズなどデザートには珍しい食材もよく使う。客の前でドーム型チョコレートに熱いソースをかけて溶かすメニューも人気だ。
 飲み物などとセットで提供し、辛党の山田さんが選んだ相性の良い酒も提案する。今回は後の予定があるため、酒はやむなく断念。次回こそ。酒(650円から。別途チャージ代500円)のみの注文もできる。(丸山磨美)

[アシェットデセール エトネ]仙台市青葉区国分町1の6の1ルナパーク一番町ビル地下1階。午後1〜10時(ラストオーダー9時)。火曜定休、不定休あり。デザート1皿、3種の小菓子、飲み物のセットで1600円(酒の場合は200円増し)。連絡先は022(796)4984。


2019年04月10日水曜日


先頭に戻る