宮城のニュース

<ベガルタ>椎橋と飯尾、笑顔の復帰

椎橋慧也選手
飯尾竜太朗選手

 開幕から出遅れていた2人のMFが復帰した。左太もも裏を痛めた椎橋、両足首を手術した飯尾がそろって全体練習に合流。励まし合ってリハビリを重ねて復調に努め、渡辺監督を「(リーグ戦とルヴァン杯の)3連戦で戻ってきたのは大きい」と喜ばせた。
 椎橋は開幕直前に離脱した。リーグ戦で1勝1分け4敗の不調に「チームの力になれず悔しかった」。中盤の攻守の要として期待されるだけに「意識している縦の配球を少しずつ出したい」と意欲を燃やす。長崎から新加入した飯尾は、長年の痛みの元だった骨のとげを除去。「今まで痛みでコンディションが上がらない部分があった。すっきりした」と晴れ晴れとした表情だった。


2019年04月10日水曜日


先頭に戻る