宮城のニュース

<ベガルタ>照山、古巣に成長示す

ルヴァン杯で3戦連続の先発出場を目指し、調整に励む照山(手前)。後方は(左から)常田、シマオマテ

 18歳の照山が古巣との対戦に闘争心を燃やしている。中学生まで柏の下部組織に所属したが、高校生のユースチームには昇格できなかった。「悔しかった。見返してやりたい」。2試合連続でルヴァン杯に先発出場した成長の証しを見せつける。
 182センチと長身のセンターバックながら「自分の長所は攻撃面」と言う。出場した2戦では正確な縦パスで攻撃のスイッチを入れ、渡辺監督から「パフォーマンスは素晴らしいものがある」と高い評価を得た。
 基礎は柏時代につくった。「足元の技術やボールを置くべき位置を学んだ」と振り返る。待望の一戦は、育ててもらった感謝を示す絶好の機会。「(柏の)4バックなら逆サイドが空く」と得意のロングフィードを狙う。
 ユース昇格を逃したことで、学んだこともあった。進学した東京・成立学園高では、主将として約150人の部員を統率した。「みんな自我が強く、まとめるのが大変だった」と振り返る。率先して練習に打ち込む責任感と、仲間のために苦境で引かない強い精神力を養った。
 課題は体力。2戦とも足がつり途中交代した。「90分間走れないと、リーグ戦では使ってもらえない」と分かっている。挫折をばねに仙台でつかんだプロの誇りを胸に、今度こそ試合終了まで意地でも走り抜く。(斎藤雄一)


2019年04月10日水曜日


先頭に戻る