宮城のニュース

<仙台六大学野球チーム紹介>福祉大/3季連続Vへ盤石

岩崎魁人主将
(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身校。◎は主将

 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は13日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月10〜16日、東京・神宮球場ほか)の出場権を懸けて優勝を争う各チームを紹介する。

 昨春は投打がかみ合い2季ぶりのリーグ優勝を果たし、6月の全日本大学選手権では2004年以来14年ぶりの優勝を飾っている。秋も万全の強さだった。吉田ら野手のキーマンが抜けたが、全国制覇の原動力になった投手陣は健在。3季連続優勝に向けて視界は良好だ。
 投手陣は主戦で右横手の津森が大黒柱。昨秋は3勝で防御率0.71と抜群の安定感を誇った。先発、救援どちらもこなせる右腕椋木、左腕三浦の2年生コンビも好調で、オフシーズンに力を付けた最速147キロ右腕大竹もブルペンで待機する盤石の布陣になりそうだ。
 打線は3年で遊撃の元山が中心。好機に強く、昨春は打率4割超えで最優秀選手に選出された。長打力のある楠本は中軸候補。兄泰史(現DeNA)譲りの打棒で走者をかえしたい。
 大塚監督は「投手が計算できる分、どれだけ打てるかがリーグ優勝につながる。全員の力を結集して勝利を収め、もう一度、全国の舞台に進みたい」と意気込む。

<内容意識したい/岩崎主将の話>
 早い回から得点し、投手を援護するのが理想。昨年の日本一におごらず内容を意識した試合をして、全国大会の連覇に挑戦したい。


2019年04月10日水曜日


先頭に戻る