宮城のニュース

<一目千本桜>花回廊仰げば麗し 宮城・大河原、柴田

一目千本桜と横を走るJR東北線の列車=9日午前11時20分ごろ、柴田町のしばた千桜橋付近

 大河原、柴田両町の白石川沿いにあり、宮城県内を代表する桜の名所「一目千本桜」が9日、満開となった。平日にもかかわらず、国内外の見物客でにぎわった。
 一目千本桜は約8キロの区間に約1200本が並ぶ。大河原町の桜まつり会場では、白石川から両岸の桜を眺めることができる屋形船が人気だった。柴田町では、桜と横を走るJR東北線の列車を一緒に撮影しようと、多くのファンがカメラを構えていた。
 柴田町の船岡城址公園の桜も満開。約1300本の回廊をくぐり抜けるスロープカーの乗客は歓声を上げ、乗り場には長い行列ができていた。
 一目千本桜と船岡城址公園の桜は今週末までが見頃だが、天候次第では来週も楽しめるという。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月10日水曜日


先頭に戻る