宮城のニュース

4月の大雪 仙台5cm 満開の桜にずっしり スリップ事故相次ぐ

満開となった桜の花も雪をかぶった=11日午前8時ごろ、仙台市泉区七北田

 発達中の低気圧の影響で宮城県内は11日、西部を中心に雪が積もった。仙台管区気象台によると、観測地点となる仙台で4月に5センチ以上の積雪を観測するのは1998年以来21年ぶり。
 管区気象台によると、同日午前5時までの24時間降雪量は栗原市駒ノ湯37センチ、仙台市青葉区新川15センチ、大崎市川渡11センチ、仙台5センチなど。泉区七北田では10日に満開となった桜も雪化粧を見せていた。
 県警によると、県内では10日午後6時〜11日午前8時、スリップ事故が23件発生した。仙台市内では物損事故が1件あった。
 県教委高校教育課によると、泉松陵高が授業開始時刻を午前8時50分から午前9時半に遅らせた。県私学・公益法人課によると、石巻市の石巻カトリック幼稚園が休園した。
 管区気象台によると、12日の県内は高気圧に覆われて晴れる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月11日木曜日


先頭に戻る