宮城のニュース

<仙台六大学野球チーム紹介>学院大/打撃で雪辱を期す

渡辺翔太主将
(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身校。◎は主将

 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は13日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月10〜16日、東京・神宮球場ほか)の出場権を懸けて優勝を争う各チームを紹介する。

 昨年の春は4位に沈み、1970年のリーグ創設以来初めてBクラスに転落した。秋も2位に終わって悔しさを晴らすことができなかった。今季は打力のある選手がそろった。攻撃野球で2012年秋以来の優勝を目指す。
 キーマンは主将の渡辺が握る。昨秋はリーグ2位の13打点をマーク。勝負強さが認められて4番に座る。打率5割で首位打者を獲得した遠藤、ミート力のある桐生が脇を固める主軸は破壊力がある。佐藤太は走力が魅力で、リードオフマンを務める。下位には一発のある佐藤達や布施が入りそうで、どこからでも得点が狙える。
 一方、投手陣は右腕中川、左腕小野寺が抜けてやや手薄な状態となった。新たな柱として昨春の開幕投手を務めた後藤、秋に頭角を現した鈴木佳の両右腕に期待がかかる。救援経験が豊富な高木や直球に力がある左腕佐藤一らをつないで試合をつくっていきたい。
 菅井監督は「1点へのこだわりを突き詰め、白星を重ねて優勝につなげたい」と意欲を見せる。

<攻めの気持ちで/渡辺主将の話>
 昨年は自滅が多く不本意な結果だった。同じ失敗をしないのはもちろん、攻めの気持ちを常に持ってリーグを制し、全国大会に行く。


2019年04月11日木曜日


先頭に戻る